2020.03.31

四季の移り変わりを切り取る~森正洋、和にも洋にも溶けこむ花瓶~ 

雑貨

お部屋のインテリアに物足りなさを感じているあなた!

四季の移り変わりを花瓶に飾りませんか?

日本には「春・夏・秋・冬」の四季があり、季節ごとの植物が芽吹き、四季の移り変わりを植物で感じられます。
特に、春には桜や梅・椿・ハナミズキなどの枝ものからチューリップ・タンポポ・すずらんといったかわいらしい花までさまざまな花が見頃になりますよね。
きれいな花を咲かせるためには木の剪定や植え替えが大切です!

せっかくお庭やプランターで植物を育てているなら、植物のお手入れをしながらお部屋のインテリアにしましょう!

植物のお手入れをすると枝や花・蕾や葉などいろいろ出てきますが、手入れ時の枝や花をもう枯れているから、とくに飾る場所ないから・・・なんて理由で捨てていませんか?

もしそうなら損しているかも!?その植物まだ見て楽しめます!!

お庭もプランターもない!って方も、スペースが限られてる方も大丈夫!
今回は、小ぶりながらも飾るだけで存在感を醸し出す白山陶器の「森正洋デザインのミニ花瓶」をご紹介します♪

>>>森正洋について詳しくはこちら!


白山陶器/森正洋デザインのミニ花瓶

●球型ミニ花瓶

こちらは日本を代表する陶磁器デザイナー 『森正洋』球型ミニ花瓶
どんな生活スタイルにも違和感なく、またいつの時代にも馴染む彼のデザインが和洋問わずピッタリなんです!

たとえ少し花びらが枯れていても、それが味となり素敵な雰囲気を出してくれますよ。
枝を1,2本挿すだけでもGOOD★★★

サイズは、小ぶりで成人女性が片手でしっかり持てるほど。小さな毬のような球型のコロンとしたフォルムが可愛く、小ぶりなサイズ感がちょっとしたスペースにも飾れ、他のインテリアと一緒に飾っても主張しすぎず、空間にアクセントを持たせ、スッと馴染みますよ◎

この花器のポイントは、植物を挿す口部分近くに施された「流し釉薬」。
ひとつひとつ表情が少しず~つ違います!

更に、全て底面には白山陶器のロゴ印が施されています。

白山陶器とは?
1951年設立の白山陶器。デザインから成型、絵付、施釉、焼成まで全ての工程を自社内において一貫生産し、天草陶石という良質な素材を活かした、確かな技術で様々な器を制作しています。グッドデザイン賞やロングライフデザイン賞をはじめとする数多くの賞を受賞しています。

●角型ミニ花瓶

w38

こちらは、角型ミニ花瓶。エッジの効いた立方体に焼き物らしい流し油が個性を光らせます。

w37
w39

現在、角型タイプはお取り寄せになりますので、予めご了承ください。詳しくは店頭スタッフまでお問合せください。


【森正洋 球型ミニ花瓶】
カラー:グリーンマット・天目・黄マット・白マット
サイズ:直径8.0×H8.0cm
素 材:陶磁器(天草陶石)
価 格:2,500円+税


【森正洋 角型ミニ花瓶】
カラー:グリーンマット・天目・黄マット・白マット
サイズ:W7.5×D7.5×H9.5cm
素 材:陶磁器(天草陶石)
価 格:2,500円+税

備 考:角型はお取り寄せ

w43

いかがでしたか?
ぜひ森正洋の球型ミニ花瓶に

植物のお手入れで出た枝・花・葉を素敵に飾ってみては?

ハイキングに行った時に見つけた花や公園でお子様が摘んだ野花、
山菜採りに行って見つけた野花・・・など
を飾るのにもオススメです!
専用箱もあるので、贈り物にも最適ですよ~!
是非、店頭でお手に取ってご覧ください(^^♪

>>>お求めの方・気になる方は店舗アクセスをチェック!

w42


,,,,,,,,,,,,,,,,,,



関連記事

Scandinavia

made in Japan

家具

店長がLABOTTOのこと、くわしくまとめてくれました。

LABOTTOって?