東北初!上質な肌触りのタオル「MAX MATERIA(マックス マテリア)」

MAX MATERIA(マックス マテリア)とは?

MAX MATERIA(マックス マテリア)は、
株式会社アイエヌアイの商標登録ブランドです。

「人生に豊かなひと時を」

MAX MATERIAの製品によって、
すべての皆様に最高の瞬間、最高の人生を満喫いただきたいと考えています。
アイデアをかたちに自社グループの織布工場および国内の製造工場をつなぐことで
繊維素材の開発と製造を行っています。
木から産まれたタオルをはじめとして、
毛布やライフスタイル雑貨をブランド展開している一方で、
関連会社のN-TEX(織布工場)、国内の原糸メーカー、糸加工/織編/くつした/染色/縫製工場のサプライヤー企業と協力し、ファッションアパレルメーカーやスポーツメーカーへの
生地素材供給も行っています。


MAX MATERIA(マックス マテリア)のこだわりとは?

1.最高級の品質と肌触り

まるでシルクのように鈍い光沢を放つパイル。 しっとり&もっちり重厚な肌になじむ滑らかさで上質な肌触りを実現しています。吸水力を測定するバイレック法試験では同番手、 同密度の綿タオルに対しておおよそ4倍近く水を吸い上げるほどなんです。また、綿タオルの硬化や色落ちの原因の一つとして考えられているフィブリル化が起きないという特長もあります。

フィブリル化とは?
繊維のささくれがばらばらにほぐれて毛羽立ち、絡みあい硬化すること。


2.世界で唯一の素材

普通、一般的なタオルは綿(コットン)を使っているのに対して、 MAX MATERIAのタオルはパイル部分に木を精製したセルロース系半合成繊維素材「ソアロン(トリアセテート) 」を採用しています。

ソアロン(トリアセテート)とは?
木を砕いてパルプ状にしてから一旦溶解、紡糸した素材のこと。世界で唯一、三菱ケミカル(株)が日本で生産しています。世界で生産される繊維素材を100%とした場合、 綿/約29%に対してトリアセテート約0.0007%と知る人ぞ知る超レアな、シルクよりもシルクらしい高級素材です。


3.独自の製法と技術

生地の製造から縫製まで日本国内の工場で一つ一つ丁寧に作り上げています。原材料、製織、染色、縫製における優秀な協力工場をつなぐことで、より安全で快適な製品に仕上がっています。日本の天然木材パルプを主原料とする半合成繊維ソアロンとオーストリアのレーヨン素材の一種「モダール」を掛け合わせ、研究を重ねた独自の製法と技術によってうまれました。

モダールとは?
オーストリアのセルロース繊維メーカー「レイチング・ファイバーズ社」が製造する改質レーヨン。レーヨンと変わりはなく品質表示はレーヨンとして表示。

Scandinavia

made in Japan

家具

店長がLABOTTOのこと、くわしくまとめてくれました。

LABOTTOって?