宇宙飛行士を守る為に開発された素材を使ったソファ『L’aria MODERNA -ラリア モデルナ-』

1501003_0

全工程国内生産のソファブランド『L’aria MODERNA -ラリアモデルナ-』

今までに感じたことのない究極の座り心地

AMICO slide

世界中から厳選した最上の素材を、『Made In Japan』だからこそできる技術に裏打ちされた最高の品質で優れたモダン家具を提供し続けること、それこそがアミコの真髄です。
そんなアミコが作るソファ&チェアのブランドが

L’aria MODERNA -ラリアモデルナ-

ラリアモデルナにはモールドタイプ木枠タイプの2種類のソファがあります。
Labotto Living Styleに仲間入りしたのは木枠タイプ
各々の構造の特性を活かし、座り心地と耐久性を素材から追求した、末永くお使いいただけるソファです。


kouzou_mold

モールドタイプとは

型にウレタン原料を注入し、骨組みにあたるフレームと一体成型します。
強度や耐久性に非常に優れ、形状の自由度も高くなります。
金型を自社で製作しているので、この製法のメリットを活かしつつ、比較的安価に提供しています。


kouzou_wood

木枠タイプとは

レスピールのクッション性を最大限に活かすために、反発を起こさない木材でしっかりとサポートします。
人体工学に基づいた構造設計で、耐久性にも優れています。
また床面をスノコ状の構造にすることで通気性を持たせています。


進化するオリジナル素材『レスピール』とは?

respir
アミコと米国の大手化学会社ハンスマン社との3年に及ぶ共同開発によって生まれた新素材です。
元来NASAでロケット発射時の強い重力から宇宙飛行士を守る為に、宇宙服の内張り材として開発されたものに改良を加えた最新素材です。
PO(ポリオール)とMDI(メントール系イソシアネート)を混合し、常温で型の中で発泡させたもので、一般のウレタンの約3倍の密度があるため、耐久性と耐圧分散において非常に優れています。

オリジナリティの追求『コールドフォームモールディング』

molding
molding_sofa
「モールディング製法」と呼ばれる、金型にウレタン原料を注入成形する方法で、コールドフォームはひとつひとつ手作業で丁寧に作られています。主にマットレス、ソファー、チェアに使用し、金属・木などの異素材との一体成形も可能です。

アミコは成形型の製作からコールドフォームモールディング生産・完成品までを一貫して作る国内唯一の工場を持っています。
全ての工程を厳しい品質管理のもと、群馬県の本社工場で一貫して行っております。
このコールドフォームは、EUのRoHS(特定有害物質の使用制限)をクリアしている安全な素材で、100%リサイクルが可能です。


ラリアモデルナのもう一つの特長はクッションの中材!!

シリコンポラッククッション

シリコンポラックは独自に開発されたポリエステル綿100%の新素材です。
3~4デニールのポリエステル中空糸をシリコンコーディングし、ボール状に丸めた直径約3mmの球状素材です。

ポラック①

<シリコンポラックの特長>

・ご家庭で水洗い可能
羽毛に比べ復元力があり、またご家庭で丸洗いもできます。
・安心で衛生的
動物性の羽毛では、特に低品質のものだと肉片の付着等により、アレルギーやアトピーの原因となる場合もありますが、ポラックなら安心してお使いいただけます。
・羽毛のような触感
軽くて柔らかく、弾力性に富みへたりが少ない素材です。通気性も良好で家具のクッション材としては最適な素材です。


Amico-アミコ-のこだわり

高耐久性
国内外から厳選された素材と高度な技術製法によって高耐久性を実現しています。
最高の居住性
座り心地、寝心地を主軸に最高の居住性を追及しています。
コーディネート性
セミオーダーシステムにより、自由な住空間を実現します。
細かなサイジングや世界に一点のお客様オリジナル特注品の製作も承ります。
エコロジー
地球温暖化への配慮として、以下のような取り組みを行っております。
・高耐久の商品を提供することで、買い替えの際の無駄なエネルギー、廃棄の必要がなくなります。
・100%リサイクル可能な素材(不要になった段階で再資源として活用)
・生産段階での省エネルギー化を実行しています。

健康・安全性
全ての素材部品のノンホルマリン化(0.025PPM以下)を進めています。
コールドフォームではEUの有害物質規制指令である”RoHS”指令基準をクリアしています。