2015.12.23

刺し子織り“袱紗”で折るだけ簡単ブックカバーの作り方

雑貨 ,,,,,

一枚持っていると便利な“袱紗”。
三和織物の刺し子織り袱紗は、織りと刺し縫いを同時に仕上げていくので生地がとても丈夫!
しかも手触りはとっても柔らかく、さわっただけで違いがわかります。
>三和織物について詳しくはこちら

“袱紗”とは、贈り物の金品などを包んだりする布ですが、そのほかの使い道がわからない!と、店頭でもよくご質問をいただきます。
風呂敷よりも小さくハンカチよりも大きいので、実はさまざまな使い方があるんですよ。
お弁当包みにしたり、食事の時ナプキンかわりにしたり。
時にはバンダナやスカーフなどファッションに取り入れたり…。

1223

今回は、さらにブックカバーに使える簡単な折り方をご紹介します。
この折り方をマスターすれば、本や手帳もサイズに合わせて調整できるので幅広く活用できます。
また、汚れてもすぐにお洗濯も可能でいつも清潔。
袱紗はカラーバリエーションも多いので、気分や本に合わせて付け替えても◎

【袱紗を折るだけ!簡単ブックカバーの作り方】

①本の横幅に合わせて上下を折る
本を開いた横幅に合わせて、上下を手前に折る(横の長さは本の縦幅2.5~3倍になるようにする)
この時袱紗は裏面が上にきています。

1223a
1223c

②本が中央になるような長さに折る
袱紗を裏返して本を中央に置き、縦幅に合わせて折る

1223d
1223e

③重なり合う部分を中に差し込む
折った際に重なり合った両端にできている耳の部分に生地を差し込む(重なる部分がある程度ないと崩れやすくなります)
これで折る作業は終了!

1223f
1223g

④耳の部分に本を差し込んで、完成です

1223h
1223i

ポケットのような箇所ができるので、読んでいるときにしおりを入れておくことができたりします。
また、本をプレゼントするときに袱紗カバーもつけて、メッセージカードを挟んでもおしゃれ*
ぜひ、さまざまな使い方で刺し子織り“袱紗”を楽しんでみてくださいね。
三和織物 刺し子織り 袱紗
サイズ:約47cm×約47cm
カラー:全9色
価格:2,000円+税


あわせて読んでおきたい!


こんな記事も読まれています。