2022.01.27

【終了】「HIDAの椅子をつくるワークショップ」!ご参加の皆様ありがとうございました♪

ワークショップ家具

ラボット20周年特別企画!「本物を知るモノづくり体験」で行ったHIDAの椅子を作るワークショップ、ご参加ありがとうございました♪
ラボットの20周年を記念して周年祭に行った4つのワークショップ!その中で、最も人気が多かったのがこの「HIDAの椅子を作るワークショップ」でした。それでは、大変ご好評頂いたワークショップの様子をご紹介していきましょう♪


ワークショップの様子

まずは材料を開けるところからスタート!

座面・背もたれ・脚などのパーツがバラバラの状態でセットで入っています。今回作るのは、HIDAの人気シリーズ「NEWMCKINLEY/ニューマッキンレイ」のマッキンレイチェア♪鳩の尻尾の形をした「ダブテール」とそこから伸びるV字ラインが特長のチェアです。
>>>ニューマッキンレイチェアについて詳しくはこちら!!

ここから、パーツの一つ一つにやすりをかけていきます!はめ込む部分にやすりをかけることで、スムーズに差し込めるようにするのですが・・・
やすりをかけすぎてしまうと、穴が大きくなりすぎて、緩んでしまうので注意が必要なんです!!絶妙なバランスになるように慎重に丁寧にやすりをかけていきます。根気のいる作業です!!
>>>ラボット20周年特別企画「本物を知るモノづくり体験」について詳しくはこちら!!


いよいよ組立てに入ります!

しっかりやすりをかけたら、まずは入れる方向などに間違いが無いか、確認し、仮組みをしていきます。


確認が終わったら次はボンドを入れ、パーツをどんどん入れていきます。


最後の仕上げ!背もたれをつけて完成間近♪

背もたれになる部材を一本一本、丁寧にはめ込んでいきます。当て木をしながら入れていくのですが、左右差が出るとはめにくくなるので、バランスを見ながら少しずつ、均等になるように入れていきます。最後の仕上げに入り、皆さんすごい集中力です!!

完成した椅子の座り心地がどうか、最後に確かめます!完成したチェアに座ると、皆さん自然と笑顔がこぼれていらっしゃいました♪


完成したのがこちら♪

皆さん大満足のチェアが完成!

完成した椅子を眺めたり、撫でてみたり、皆さんかなり喜んでおられるご様子でした!自分の家で使う椅子が、自分の手で作れちゃうなんてなかなか出来ない貴重な体験ですよね♪塗装もしておらず、ナチュラルな仕上がりなので、これからオイルを塗ってみたりご自身で育ててみるのも楽しそうです!!


いかがでしたか?「HIDAの椅子を作るワークショップ」は、お申し込みが殺到し、参加出来なかった方もたくさんいらっしゃったので、また来春くらいに企画させて頂こうかと思います♪今回参加出来なかった方も、是非次の機会に参加してみて下さいね!ニューマッキンレイチェアの組立てキット販売はしておりませんが、完成品のお取り寄せは可能です。気になる方はお気軽にお問い合わせください。

>>>お求めの方・気になる方は店舗アクセスをチェック!


,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,



関連記事

Scandinavia

made in Japan

家具

店長がLABOTTOのこと、くわしくまとめてくれました。

LABOTTOって?