2017.07.18

HIDAが造りだす、現代のライフスタイルに合わせた伝統のウィンザーチェア!

家具 ,,,,,,,

昔から変わらず愛され続ける「ウィンザーチェア」

その起源はイギリスのウィンザーにあるそうです。
みなさんは、ウィンザーチェアと聞いてどんなカタチを思い浮べますか??

main_WINDOR

多くのひとは、写真のようなチェアを思い浮べるのでは??


GS201AU

ウィンザーチェアの起源は17世紀後半!

その後、各国にわたり流行したそうです。
その中でも有名なのが、ウィンザーチェア発祥の地であるイギリスにおいて、250年前に作られた椅子『オリバーゴールドスミスチェア』(1760-1765年制作)
劇作家のオリバーゴールドスミスが所有していたことからそう呼ばれています。

そもそも・・・
ウィンザーチェアってどんな椅子?

厚い座板に細長い脚が取り付けられ、背もたれ部が細長い棒で作られた木製の椅子のこと!!

有名な椅子なので、今回は「ウィンザーチェアの歴史」からご紹介!

【ウィンザーチェアの歴史】
17世紀後半よりイギリスで製作され始めた椅子のこと。
当初は地方の地主階級民の邸宅や食堂などで主に使用されていたそうですが、やがて旅館やオフィスや中流階級の一般家庭にも浸透していき、支持されるようになったそうです。
1720年代にはアメリカ合衆国へ渡り、簡素で実用的な椅子として大流行!!

Windsor_-_Berkshire_dot

【ウィンザーチェアの名前の由来】
「ウィンザーチェア」という名称が最初に記録されているのは18世紀初め。
・遺言書に「ウィンザーチェア」と記してあったとか・・・
・ある男爵が、「妻が庭園でウィンザーチェアを使った」と記しているとか・・・
ウィンザーチェアの名前の由来には諸説あるそうですが、一番有力なのは、

「ウィンザー地域で作られ運ばれてきた椅子」だから!!

そんなウィンザーチェアは、大きく分けて2種類あるって知ってますか?

一つは、櫛に似た背もたれのコームバック型、もう一つは弓形の背のものはボウバック型の2種!!

GS201AU

コームバック型

HM267

ボウバック型


そんな歴史ある椅子「ウィンザーチェア」
そのウィンザーチェアをベースに柔らかい曲線を持つ特徴的な背はやや高めに、空間との調和を考えて作られたのが、

HIDAの新シリーズ『AWASE 合せ』!!

一本曲げ木の「ボウバック型」のもたれが特徴のモダンな一脚。

>>>AWASE ダイニングテーブルについてはコチラ!

20032070_1620595964652430_5990832271480282670_n

座面はウィンザーチェアの特徴である厚い座板!
そこに取り外しできる座面シートが付いています。

19989510_1620595504652476_3303498690319884152_n

19961646_1620595767985783_3904849083621581077_n

座板の底面に、ノブボルトが付いているのでクルクルまわすだけで取り外し可能!
汚れた時、ちょっとお部屋の雰囲気を変えたいときに◎
座面シートを外してもご使用いただけるので、季節に応じて使い分けるのもおススメですよ♪

19961511_1620595951319098_2937941330284789758_n

気になるのは座り心地!
柔らかすぎない座面シートだから、長時間座っていても疲れません。
また、扇型の一本の曲げ木で作られた、ボウバック型の背もたれが印象的ですよね♪
スポークの間に指が入るので椅子を出し入れするときもラクチンです。

20108619_1620595981319095_8290237877450129596_n

IW230B

【AWASE 合わせ】

サイズ:W445×D535×H895 SH430
価 格:¥50,000+税~
座カバー:¥7,000+税~
座面シート:¥12,000+税~


【ポイント!】
背もたれ部分が一本曲げ木でできているんです!!
ここに職人の匠の技が感じられますよね♪

※カバーリング仕様
※合皮・本革の場合、張り込み仕様となります。
※お選びになる生地のランクによって価格が異なります。

>>>その他のHIDAの商品ついてはコチラ!


そして、ウィンザーのもう一つの形コームバック型!

これを、現代にアレンジしたのが『Prescelto プレシェルト』

main_Prescelto

飛騨産業のもつ高い木工技術をシンプルなフォルムにまとめて完成したシリーズが

居住性と軽量化を両立させた『Prescelto プレシェルト』

なんです。

20108412_1620595494652477_3265314424723417323_n

19989583_1620595577985802_8603847045236667046_n

『AWASE 合せ』と同じく、ウィンザーチェアの特徴ともいえる厚い座板!
そして、椅子を出し入れするときに、持ちやすい背もたれ。
ボウバック型とは異なる、コームバック型のフォルムの美しさが魅力です♪

19990509_1620595591319134_5794059855607221279_n

でも、『Prescelto プレシェルト』の一番の魅力は他にあります!!

それは・・・

吸い付くようなフィット感を感じられる座り心地にあります。

そのフィット感を生みだす秘密は・・・

HIDAだからできる独自の『座ぐり加工』

>>>HIDA工場見学についてはコチラ!

19961275_1620595597985800_5303888855938292648_n

19990099_1620595501319143_2134851339055633351_n

そのフィット感・座り心地は、まるで自分のおしりの形にオーダーメイドしたかのよう!!
そのくらいピタッ!!キュッ!!とはまる様な感覚♪
実は、HIDAでは「おしりのデータ」を計っているそう!!
そのデータをもとに平均値をだして、この座ぐりに反映しているからこそ、吸い付くような座り心地になっているんです。

【座ぐり加工】とは?

20156158_1624478280930865_4977354071607138966_n

20046766_1624478284264198_4466837986213897796_n

座板のチェアに施す加工で、その名の通り座板をお尻の形にフィットする形に削る加工。機械によって座ぐりされた座板は、ひとつひとつ手作業で経験を積んだベテランの手によって磨きあげられます。
人の手の感覚を大切にし磨き上げるのが飛騨産業のこだわりです。

いかがです?

欲しいな・・・♪ 座ってみたいな・・・♪

と思っていただけましたか?

でもHIDAってお高いから・・・無理!と思っている方。

【Prescelto プレシェルト】は、とっても良心的なお値段だから大丈夫!

PS223B

【Prescelto プレシェルト】

サイズ:W465×D515×H840 SH415


ビーチ(ブナ):¥37,000+税
ホワイトオーク:¥42,000+税
ホワイトオーク/ウォルナット:¥49,000+税


【ポイント!】
座面の座ぐり加工
このフィット感はCRESCENT以上かも??
>>>CRESCENTについてはコチラ!

ね!!他のHIDAシリーズに比べて良心的ですよね!
だから20代・30代前半のご夫婦にも人気の1脚なんです♪

現代に住空間にあわせた伝統のウィンザーチェア『AWASE 合せ』と『Prescelto プレシェルト』
いかがでしたか?

きっと、あなたのおしりにもフィットするはず!!

是非、一度HIDAの座り心地を確かめにいらしてください。

>>>LABOTTOまでのアクセスはこちら!!

今月は、新入荷の家具がもりだくさん!
秋口にご新築が完成予定のかた、買い替えを検討されている方、家具選びの参考にしてみてくださいね♪

>>>その他の新入荷の家具をチェックする!


あわせて読んでおきたい!


こんな記事も読まれています。

ACCESS・MAP

Labotto Living Style

福島県郡山市並木2-1-1

TEL 024-995-5855

定休水曜日

営業時間 10:00~19:00

人気エントリー

大峡健市(三和織物)

店長おすすめは? お問合わせ スタッフ募集中