2015.10.06

ウイスキーを美味しく!サントリー×大沢在昌×Sghr『ほどける』謎グラス

食器 ,,,,

サントリーがお届けするグラス開発プロジェクト!
ウイスキーを愛する話題のミステリー作家とガラスの謎を知り尽くす菅原工芸硝子の職人が、ウイスキーを美味しく飲むためにつくった拘りの『謎』グラスシリーズ。

hodokeru05

【琥珀色だけを愉しむグラス】
ウイスキーを飲むためだけのグラスが欲しい方は、大沢 在昌 謎グラス「ほどける」がおすすめです。
どんな日も、大沢氏が最後に味わうのはウイスキー。
大きめのソファに深く腰を落とし、オン・ザ・ロックスかハーフロックで…
大沢氏にとってウイスキーは琥珀色を目でも愉しむもの。

そして、ガラスの謎を知り尽くすスガハラの職人にオーダーしたのは、ウイスキー本来の魅力を高め、奥深い香りをほんのりと感じさせるグラスでした。

hodokeru04
hodokeru03

「ほどける」を手にとってください。すこし大ぶりに感じるかもしれません。
ですが、そこに琥珀色を愉しむ粋が隠されています。手にもった瞬間、あなたも気づくはずです。
使い手の事を一番に考えた、形状、安定性、掌のなじみ。
グラス上部に施されたスジ模様は、滑り止めとしての役割をもっています。
口部に向けて広がる傾斜は、香りをやさしく届けます。

hodokeru02

そしてこのグラスの最大の魅力はグラスの底に仕掛けた、ウイスキーを照らす黄色い灯りです。
時の流れが氷の表情を徐々に変え、もたらされる“カラン”という音色。
グラスの底の黄色い灯りとウイスキーの香味、そして音色が、自身を“ほどけた” 状態に、琥珀色の至福を高める時へと導いてくれるでしょう。

hodokeru01
大沢 在昌(おおさわ ありまさ)
1956年 名古屋市生まれ
1979年 説推理新人賞『感傷の街角』デビュー作
1991年 第12回吉川英治文学新人賞『新宿鮫』
第44回日本推理作家協会賞[長編部門]
1994年 第110回直木賞『無間人形 新宿鮫 Ⅳ』
2004年 第17回柴田錬三郎賞『パンドラ・アイランド
2010年 第14回日本ミステリー文学大賞
2014年 第48回吉川英治文学賞『海と月の迷路』
現代を代表する作家として活躍を続けている。  

大沢 在昌 謎グラス “ほどける”
サイズ:口径82×高さ95mm
容量:290ml
価格:12,000円+税
専用箱入り
※直営店・WEB・パートナーショップ限定商品


あわせて読んでおきたい!


こんな記事も読まれています。

ACCESS・MAP

Labotto Living Style

福島県郡山市並木2-1-1

TEL 024-995-5855

定休水曜日

営業時間 10:00~19:00

人気エントリー

大峡健市(三和織物)

店長おすすめは? お問合わせ スタッフ募集中