2020.07.25

おみそ汁好きのためのお椀!我戸幹男商店のお椀ならおみそ汁を楽しみ尽くせる♪

食器お知らせ

子供から大人までみんなが大好き「おみそ汁」
お母さんや奥さんの作るおみそ汁は、ホッとする家庭の味ですよね♪
いつも使っているあのお椀、「おみそ汁にあったお椀を使えていますか?」

よく使われているお味噌汁のお椀は、漆塗りや木、陶器、プラスチックなんかも…

実は、私もラボット店長も木のお椀の愛用者!

一度使ったならば、もうヤミツキ!手放せません!

そこには、一度ハマると抜け出せなくなる「秘密」があるんです♪


我戸幹男商店(がとみきおしょうてん)の木のお椀

「無駄を最大限削り落とし、曲線を描くシルエット」

熟練の山中漆器職人により生み出される、一切無駄がない、滑らかで完璧なシルエット。

コロンとした丸みを帯びたシルエットの内側に入り込むフチのカーブは、ワイングラスのように香りをお椀の中に閉じ込め、味噌やお出汁の香りを最大限に引き出すため!

時間が経つごとに変化する、お味噌汁の芳醇な香りをより楽むことも出来ますよ♪

明治四十一年 (一九〇八年) ろくろの町、山中温泉にて我戸木工所として創業。その木地師の意思を受け継ぎ、天然の素材が生み出す美しい木目、木地師が一つ一つ丁寧に挽き上げた木地の完成度を重んじ、決して隠すこと無く豪快に木目を見せます。我戸幹男商店では伝統的な山中漆器の高い技術を活かした実用性、和の美意識に基づいた高い芸術性を追求し、長く愛される漆器作りを心掛けています。

>>>一緒に使いたいお茶碗についてはコチラ!


手に馴染む触り心地とサイズ感

選び抜いた天然の木材と、明治時代から続いている山中漆器の老舗、我戸幹男商店のろくろ技術があってこそ生み出せるクオリティー。それは…

「何にも勝る最高の触り心地!」

私がすっかりハマってしまった理由はコレ!木の持つ温もりと仕上げの上品さは格別です。
そして、仕上げにウレタンを薄く塗ることで、より素材本来の感触を活かし、コーティングするおかげで色やにおいの移りの心配も無く、お手入れが簡単!
また、小柄な女性の手にも馴染む小さめのサイズ感。そして軽過ぎず、少しだけ木の重みを感じれるのも持ちやすさのヒミツです♪


手に持っても熱くない!さらに冷めにくい!

お椀は手に持たないとお行儀が悪い…でも熱くて持てない…
なんて事も木のお椀なら解決してくれます!

木材は温度を伝えにくく、じんわり感じる程度の温かさ。保温性もあり冷めにくい!
出来立ての熱々をズズズツといくのが最高の食べ方!木のお椀はお味噌汁と相性ピッタリなんですよ♪

洋食器との相性もピッタリ!

和食器だけでなく洋食器ともよく馴染むのは、しっかりと木の温もりが感じられるから!
明治時代創業という歴史もありながら、どこかナチュラルでモダンな印象の木のお椀。
洋食器が合わさったテーブルコーディネートは、どこか抜きのような一段上のオシャレさを演出できます♪


素材は、桜(さくら)・楓(かえで)・楢(なら)の3種類

一見同じに見える素材も、種類によって違った良さがあるもの。木目がそれぞれ違かったり、色の濃さも様々。その中でお気に入りの一つを見つけるのも楽しいですね。
天然の素材を使っているので、芳醇で重厚感のある木の香りも楽しめますよ♪


『MATEVARI 桜碗』

日本人が大好きな桜。日本ならではの木材ですよね。
きめ細かく緻密で光沢のある木肌は、強度がしっかりありながら、お椀に加工しても女性的な優しい風合いを感じれます。限られた分量しかとれない貴重な材です。

『MATEVARI 楓碗』

楓も紅葉として日本と馴染み深い木材。
ハーモニカやピアノなど楽器にもよく使用されていて、他に比べ白っぽい木地が特徴です。使い込むほど色合いが変わっていき、絹のような光沢が出てきます。

『MATEVARI 楢碗』

小動物の大好物、どんぐりのなる木です。
材質は緻密で重くて硬く、木目の美しさから家具や床材、樽などにも使われるほどのタフさを持っています。武骨な渋さや風格を漂う存在感です。

MATEVARI(マテバリ) 椀 plain(ウレタン塗装)

サイズ:約φ110×H70mm
素材:さくら天然木無垢材 / かえで天然木無垢材 / なら天然木無垢材
製造国:Japan
価格:3,850円(税込)
※天然素材のため、食洗器や電子レンジ、鋭利なカトラリー等の使用はお控え下さい。



いかがでしたか?
日本に生まれたからには、毎日の食卓には欠かせない存在のおみそ汁…

「具材は変えない、変えるのはお椀だけ!」

いつものおみそ汁が、もっと美味しく食べれるんです。日常の一部のお味噌汁。うつわを見直して、暮らしを丁寧に、そして豊かにしてみてはいかがでしょうか?


>>>お求めの方・気になる方は店舗アクセスをチェック!

>>>詳しいお問合せはコチラ!


,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,



関連記事

Scandinavia

made in Japan

家具

店長がLABOTTOのこと、くわしくまとめてくれました。

LABOTTOって?