2018.07.07

リネンが好きなら一つは持ちたい♪カリン・カーランダーの高品質テーブルリネン!

雑貨 ,,,,,,,,,,,,,,,,,

使えば使うほど虜になるリネン♪
ファッションでリネンを取り入れているという人は良くいますよね?

でも・・・それだけでは真のリネン好きとは言えませんよ!!

素材

リネンが本当に好きなら、インテリアにまで取り入れてこそ、真のリネン好き!!
丈夫で長く使えるのはもちろん、時間の経過と共に味が出て風合いの増すリネン♪インテリアで使えば毎日リネンに触れ合えます♡
そんな、真のリネン愛好家に知ってほしいブランドがこちら!!

TEXTILE NO./テキスタイルナンバー

カリンカーランダー

こちらのテーブルリネンは、高品質のヨーロッパリネン製品のみが認められる

「マスター・オブ・リネン」の品!!

日本ではまだ知らない人も多く取扱店も少ない、これから注目の北欧ブランド!!
これを持っていればあなたも、リネンマスターになれますよ♡


「TEXTILE NO.」の生みの親!カリン・カーランダーってどんな人?

カリンカーランダー本人

現在の王立デンマークアカデミー美術大学にてテキスタイルデザインを学び、1987年に修士号を取得し卒業。その後、自身のスタジオを設立しテキスタイルアーティスト&キュレーターとして活躍しています。様々なブランドのテキスタイルもデザインし幅広く活躍している女性デザイナー!

キュレーターとは?
専門知識を活かし、展示会を企画し人や物などの総合プロデュースを行う人のこと。


>>>カリン・カーランダーについて詳しくはこちら!!


作る工程全てに妥協ナシ!素材選びからこだわるテーブルリネン

手持ち

糸はリネンの本場フランス、染色はイタリアの技術、縫製はリトアニア!

カリン・カーランダーのリネンは、一つ一つがアーティストでもある彼女の作品!全行程にこだわり抜き、仕上げています。手に取ると、その作りがどれだけしっかりしているか実感出来ますよ♪


日本の刺し子をイメージ

カリンカーランダー2

日本に滞在したこともある彼女!日本の織物技術も取り入れ、作品を作っています。刺し子は生地が丈夫になるだけでなく、素材に立体感を出してくれます。日本の刺し子織物の『三和織物』と比べるとこんな感じ!通じるものがありますよね♪
>>>三和織物について詳しくはこちら!!

 

日本刺し子

日々の暮らしで使うリネン♪実用編

テーブルコーディネート

お食事と一緒にリネンを楽しむのもオススメです。爽やかなテーブルコーディネートが楽しめます♪お皿もシンプルなものから柄の食器まで幅広くコーディネート可能!こちらは使いやすいプレースマットサイズです。

テーブルナプキン2テーブルナプキンサイズは少し細長い形!お気に入りの雑貨を飾ったり、お子さん用の小さめなランチョンマットとして使っても素敵です。

ティータオル大判のティータオルは50x70cm!両方に引っ掛け用のループがついているので、壁にそのまま掛けて楽しんでも◎もちろんテーブルウェアとしても使えます。工夫次第で色々使えそうですよね♪

大きさ

使い始めは硬く感じますが、使って洗濯を繰り返すうちに柔らかく使いやすくなってきます!生活の様々な場面で使えるリネン♪ファッションだけ楽しむなんてもったいない!これからはリネンを生活に取り入れてみましょう!

『TEXTILE NO.9 テーブルナプキン』
サイズ:50x25cm
価格:1,800+税
『TEXTILE NO.7 プレースマットマット』
サイズ:50x40cm
価格:2,500+税
『TEXTILE NO.4 ティータオル』
サイズ 50x70cm
価格:2,800+税
カラー:全4色 ホワイト・レッド・グリーン・ブルー

リネンラスト

いかがでしたか?
一度リネンが好きになると、生活の全てに取り入れたくなるから不思議です♪夏のイメージが強いリネンですが、実は保温性も抜群で冬にも◎一年中楽しめて長く使えるリネンを是非インテリアにも取り入れてみて下さいね!


>>>お求めの方・気になる方は店舗アクセスをチェック!


●おまけ・リネンとは?そのお手入れは?

麻とは

リネンとは、亜麻(フラックス)の茎を原料にした繊維のこと!
吸水性が高く、耐久性も抜群!お水にとっても強いんです。汚れがつきにくく、発散性が良いので匂いの菌も抑えられます。毛羽立ちにくく、使うほどに柔らかさが増し使いやすくなるという素晴らしい自然素材!!

手入れ
①中性orアルカリ性の洗剤を使い水で洗う(漂白剤は使用しない)
②すすぎはしっかり、脱水はしない!水分を残してシワ防止!(脱水しすぎるとシワになる)
③しっかり伸ばしてから陰干しする。
④アイロンをかける場合は霧吹き使用。


関連記事

Scandinavia

made in Japan

家具

店長がLABOTTOのこと、くわしくまとめてくれました。

LABOTTOって?