2019.12.20

『サンキャッチャー』ワークショップ終了!ご参加の皆様ありがとうござました♪

雑貨,イベント,お知らせ ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

12月14日(土)ラボット2階で、サンキャッチャーのワークショップが開催されました♪

今回のワークショップは、もう目前に迫った2020年に向けて、いい運気を集めてくれる北欧生まれのラッキーアイテム「サンキャッチャー」を作りました!!

>>>サンキャッチャーについて詳しくはこちら!!


今回の講師はABENDYの阿部真由美先生

9月に行われたジュエリーバックのワークショップでも講師を務めていただいた、ラボットではお馴染みのABENDYの阿部真由美先生

ビーズインストラクターや、マスターティーエキスパートなどの数々の資格を持つ先生!
ワークショップが初めての方や、先生の生徒さんなど、

今回はなんと20名近い大人数での開催!!

終始ワイワイとした和やかな雰囲気でスタートしました♪


さて、ワークショップスタートです!

阿部先生より、サンキャッチャー製作の流れの説明を軽く受けてスタート!


▼今回、メインになる材料がこちら!!▼

材質はスギ!木材を曲げたり圧縮したりする技術を得意としている老舗家具メーカー、飛騨産業のものなんです。
薄いスギ材を圧縮し蒸す、特殊技術を活用した木のオーナメント。木材なのにビックリするくらい柔らかいんです!
※木のプレートは、割れ防止のために事前に水分を含ませて、曲がりやすくしてあります。

>>>飛騨産業についてはコチラ


▼その他の材料はこちら!▼

スワロフスキー、テグス、テグスを留めるためのつぶし玉など。工具はハサミとつぶし玉を潰すためのペンチ!繊細なパーツなので下に引くためのマットもご準備しました。
細かい作業が多いので、皆さんには各自ピンセットだけご持参いただきました♪

オーナメントを吊り下げるスタンドの色は、ホワイトとブラウンの2色から選んで頂きました。
雰囲気が全然違う2色ですが、皆さん思い思いの色を素早く決めていらっしゃいましたよ♪


まずは木のオーナメントから

プレートの水分を軽く拭き、もともと入っている切り込みを写真のように内側から順に曲げ、接着していきます。
開始早々細かい作業で、皆さん苦戦…。接着剤の付け方にもコツがあるようで、先生のアドバイスをもらいながらの作業です♪


表を接着したら、裏返しにして次の列も接着。表と裏を繰り返し接着したら完成です。
最初はなかなか上手く出来なかった方も段々とスピードアップ!


一枚のプレートが立体に出来上がった姿は最初には想像出来ないほど!
ここでもう、達成感を感じてる方もいらっしゃるほどでした♪


次はパーツを付けていきます

使用するのはスワロフスキー!!本物の輝きはやっぱり特別♪本物のスワロフスキーには実はマークが入っており、偽物にはそのマークがないんです!皆さんご存知でしたか?


スワロフスキーにテグスを通し、つぶし玉で留めていきます。
この作業、簡単な作業に見えて、実はとっても難しい…!1ミリ程しかない穴にテグスを通すのは一苦労なんです。


上手に留められるとこんな感じ↓↓↓


木のオーナメントに結び付けて、上側にも細かいスワロフスキーも付けていきます。


そして…スタンドにかけて完成!!


出来上がった作品達はこちら!!

光が入るとスワロフスキーがキラキラと輝いていてとっても綺麗!

完成後には、テーブルごとに皆さんで作品の撮影会をしましたよ~♪
同じ材料を使っても、皆さん違った表情なのが面白い!見比べるのも楽しいですね。


最後に、参加特典「アロマオイル」のプレゼント♪

オーナメントは杉材で出来ているので、そのままでもとってもいい香り!
ですが、お好みで好きなアロマを垂らして使っていただいても楽しめるんです。
皆さんには、好きな香りを選んでもらいましたよ♪


いかがでしたか?
今回のワークショップは、ワークショップへの参加が初めての方や、先生の教室に通われている方など、大人数での開催ということもあり、お隣の方同士楽しくワイワイ作業を進めていらっしゃいました!
光が入るとキラキラと輝き、部屋の中を明るく照らしてくれるサンキャッチャー。皆さんの元へたくさんの良い運気が入る事を祈っております♪
今回ご参加くださった皆さん、ありがとうございました!!


SNSでの投稿募集中!!

ラボット屋内では自然光が足りず…キラキラ不足…もっと皆さんに輝きを見て欲しい!なので…

お家でのサンキャッチャーの様子のお写真を募集しています!
「#ラボット」で、インスタグラムやFacebookなど、SNSへの投稿をどしどしお待ちしています!!


>>>過去のワークショップの様子はコチラ

>>>お求めの方・気になる方は店舗アクセスをチェック!



関連記事

Scandinavia

made in Japan

家具

店長がLABOTTOのこと、くわしくまとめてくれました。

LABOTTOって?