「東北初!」藍色工房の藍染め石けんの魅力!敏感肌の男性にも超絶おすすめ!

160304_0

160219_1

藍色工房とは??

「青は藍より出でて藍より青し」とことわざにあるほど、「藍」は「Japan blue」として世界に知られています。
良い藍は、徳島で育つと神話の時代から言い続けられています。その藍を日本で唯一育てているのが、藍色工房の藍畑(吉田農園)です。
今では、旧麻植郡にただ一軒残された、藍産地最後の藍農家なのです。

160217_6

「藍」って何?

藍染めの染料として知られる藍ですが、昔から薬草としても用いられてきました。
肌の炎症を抑えたり、解熱、解毒の効果があると、親しまれてきたといいます。
平安時代に鎧下が藍で染められていました。それは、藍に防虫効果や殺菌効果があると言われていたからです。

160219_3

藍染め石けんとは??

160219_2
藍農家に生まれ育った、藍色工房の店主が、肌が荒れて困っていた家族のために作りだしたのが「藍染め石けん」です。
そして生まれたばかりの長女のベビー石鹸が欲しくてつくったのが「和三盆石けん」です。

藍で10年後も健やかな肌へ
藍から抽出した天然エキスを配合した手作り石けんで、石けんに使用する藍は、自社農園ですべて無農薬で栽培されています。
昔ながらの*コールドプロセス製法を採用し独自の厳しい基準で一つ一つ手作りで作られています。
そして、瀬戸内地域特有の乾いた空気で、2カ月かけてゆっくり自然乾燥させて仕上げます。
合成保存料や合成界面活性剤などの合成化学成分は一切入っていない、お肌にやさしい石けんです。
また、神代の時代から日本人に愛され、日本の暮らしを彩ってきた伝統色である藍で色付けされています。
伝統的な藍染めを利用するとともに、染色以外の可能性を秘めた石けんです。
敏感なお肌も、清潔を保つことによって健やかなお肌を取り戻すきっかけになります。


藍色工房のこだわり

「お客様との3つの約束」
1.品質と安全性を最優先させた自社基準を厳守した製造・販売に徹します。
2.地域の素材を活かしたモノづくりを行います。
3.お客様の声を大切にします。

「正直なモノづくりのために」
素材・製造工程・製法へのこだわり
1.人や環境に負担をかけない素材選びにこだわります。
2.生産効率よりも品質や安全性の向上を優先し、一つひとつ丁寧に製造します。
3.自然素材の良さを活かした*コールドプロセス製法で作り続けます。

*コールドプロセス製法

石鹸発祥の時代から受け継がれる伝統的な古典製法です。
製造過程で自然に発熱する熱を利用し、長期に渡る熟成を経てようやく完成します。
約45~70℃の低温で製造するため、素材に含まれる有効成分を破壊せずにそのまま石鹸に閉じ込める利点があり、よりいっそう保湿をキープします。完成までに1ヶ月以上もの長い時間と手間がかかるため大量生産には向かず、上質の石鹸でありながら一般市場にはなかなか出回りません。
古典的な手作り製法であるため、気温や湿度などその時の環境によって臨機応変に対応しなければならず、職人のカンと熟練の技が必要となります。


160219_2

The Wonder500に選ばれました!
日本の逸品500選 The Wonder 500 に「藍染め石けん(いちまつ・ふたえ・紙ふぶき)」が選出されました。

160219_1

NIPPON QUESTで2位になりました!
地域を愛する日本人と、日本が大好きな外国人で“ふるさと名物“の情報を投稿、評価する「ふるさと名物サイト」です。

ACCESS・MAP

Labotto Living Style

福島県郡山市並木2-1-1

TEL 024-995-5855

定休水曜日

営業時間 10:00~19:00

人気エントリー

大峡健市(三和織物)

店長おすすめは? お問合わせ スタッフ募集中